PUQ PRESS Q2 パックプレスオートタンパー(BLACK)

  • ¥158,000
    単価 あたり 
税込


 

オランダを拠点とするバリスタテクノロジー社がPUQ PRESSの開発を行なっています。
2011年に一番最初のパックプレスが作られて以来、現在は世界中のバリスタ等が愛用するツールになっています。

スピーディーなオペレーション 

エスプレッソを抽出する際、バスケットの中のコーヒー粉は並行にタンピングされる必要があります。これまではバリスタがその調整を行なってきましたが、パックプレスはテクノロジーの力でこの点を解決しました。ホルダーにポルタフィルターを挟むだけで、ほぼ100%に近いフラットタンピングを行うことができます。

一定した圧力

 

 パックプレスは5-30kgの範囲で1kg単位でタンピングの圧力を調整することが出来ます。5種類のプログラミングモードを活用することで、タンピングの回数やスピードを調整することも可能です。

バリスタの負担を軽減

 

タンピングのしすぎで手首や腕を痛めることはもうありません!


重量:3.8kg

サイズ(奥行きx幅x高さ):19.5×14.1×28.6cm

定格消費電力:76W

電圧/周波数:110V 50/60hz

適応バスケットサイズ:58.3mm